50期十大学合同セミナー
47期参加者インタビュー③

こんにちは、広報局です!

いよいよ今年も残すところわずかとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか??

第3回目となった47期参加者インタビュー、今回は優勝セクションで代表を務めていた方へのインタビューを掲載します!

 

 

論文賞、プレゼン賞、おめでとうございます!

絶対に自分たちじゃないと思っていました(笑)紛争セクションは十大経験者が一人もいなくて、半分くらいが2年生で、何よりも、第2回教授相談会で論文案が崩壊してから優勝したセクションが優勝するわけがないと思っていました。6月の2週目くらいにずっとやってきたそれまでの論文案を捨てて、新しい論文案に切り替えたのは正解だったのかな、と思います…

あとは、何よりもテーマ選びが一番重要だったと思います。実際に教授相談会で、教授の方々に「小型武器」というテーマを推してもらい、なおかつ論文案に限界を感じていた時期だったのが、最終的なテーマに踏み切るきっかけでもありました。大学生らしいテーマ選びや、解決策の「トレーサビリティ」もオリジナリティを重視出来ていたと思います。最後のフィードバックでは、教授の方々に、オリジナリティや大学生らしさをほめてもらえました!

あとは、チーム(セク全員)で作り上げられたことが大事なのかもしれないです。全員の知識を合わせた方がいい論文になるんだなあって思いました。最初は、全員で意見を出し合ったらまとまらないって思ってたんですけど、絶対に入れた方がいいと思いました。論文全体を通して、全員の出した意見が取り入れられていたと思います!
プレゼン賞に関しては、46期の優勝セクションの平和構築セクションのものを参考にしました。AFPの写真の使い方とかも工夫しました!

 

 

Q.十大で大変だったことは何ですか?

 

① 論文案が全然決まらなかったことです。
最初の論文案がくずれて、一からやり直しになって最終的な論文案に決まったのが6月2週目くらいでした。もともとの論文案はあるグループの課題を採用したものだったんです。改良すればもっと良くなりそうって思ってちゃんと調べて論文案をつめていくうちに大崩壊してしまいました…一応、それでねばろうとしたんですけど、結局白紙状態になってしまいました。その後は一番最初に出た個人論文案の課題をもう一度やり直しました。もう本当に時間が無かったので、論文としての流れが最も作りやすいものを採用しようってなりました。ですが、せっかく6月まで調べてきたので、もとの論文案の要素も最終的な論文案に取り込みました。

 

② セクション会議の運営の仕方です。
十大経験者がひとりもいなかったので、セク会の進め方が全く分からなかったです。あと、課題の出し方もわからず、課題のためだけの調べ学習になってしまって、セク員の知識を豊富にするための課題が出せていなかったです。また、その知識のない状態で議論を進めてしまってセク会で話し合ったことを、あとから調べて事実と違いが発生することが多く、そこまでの議論を無駄にしてしまうこともありました…

 

③ みんなの意見を取り入れることです。
最初の方のセク会では三役で議論を回しすぎてしまって、他のセク員が話しについてこれなくなってしまっていました。セク会が終わった後によく三役で集まっていたんですけど、その時にどんどん話が進んでしまって、そこの話し合いで決まったことを後からみんなに伝える感じになってしまっていたこともありました…今のやり方だと実際に論文を書くときに、三役とセク員で認識のずれが生じてしまう恐れがあると思い、そのやり方から変えはじめたのが第2回教授相談会あたりですね。それ以降は議論の中心はセク員のみんなになり、自分は司会に回り、全体の議論がずれたら軌道修正するようにしていました。

 

 

Q.3か月を経て自分自身がどのように成長しましたか?

 

① 自分が今何をするべきかということを考えられるようになったこと
実は今回、セク代になったのがリーダー初経験でした。学術📖は議論を活発にしてくれる役割をしてくれるし、男子セク代も学術的に頼りにしていたので、私は学術的に貢献するというよりは、休んだセク員のサポートとか、セク全体を客観的に見るようにしていました。

 

② チームで何かすることが好きになったこと
もともとチームワークとか好きじゃなかったんですけど、十大を通して好きになりました!チームでやっていると自分にない側面を補完してくれるメンバーがいて、いろんな視点から物事を学べて面白かったです。

 

③ 国際政治に対する理解が深まったこと
国際政治って言ったら「政治」や「経済」がメインだと思っていて、「環境」とか「情報社会」って国際政治なの?って思っていました。ですが他のセクションの論文を読んで、いろんな分野が国際政治に繋がっていることがわかって、勉強になりました。
あと、AFPには昨日撮った写真やニュースが載っていて、実際に、今、起きているという実感が沸いた。現実と結びついていることを実感したときに、論文を書いている意味が分かりました。ただの勉強じゃなくて、実際に起こっていることとして認識できました。

 

ミス十大にも選ばれた高橋さん、
可愛くてしっかりしていて素晴らしい方でした
ご協力ありがとうございました!!

47期参加者インタビュー②

みなさんこんにちは、広報局です!

前回に引き続き、47期参加者のインタビューを掲載いたします。

今回は、個人参加で十大に挑戦しようか悩んでいる方必見です!

 

 

Q.なぜ十大に入ろうと思ったんですか?

① 大学生になったのに受け身の授業ばっかりで、能動的に勉強したかったのと、自分の専門だった国際関係と一致していたからです。
② 十大の企画が充実していて面白そうだったからです(笑)。あとは、学外で交友関係を広げたかったからです。

 

 

Q.2年生ならではの不安などはありましたか?

① 自分に知識がなく、自信がなかったこと、議論についていけるか不安でした。
ですが、ひたすら図書館に行って関連分野の本を読みまくって自信をつけました!
また、2年生の自分の意見が理解してもらえるのか心配でしたが、十大に行っていれば、自分の意見を言うことに慣れるので大丈夫です。
② 友達が一人もいない状態で参加したことです。
4月は緊張でお腹が痛かったです(笑)でも、アフターで仲良くなれました!同じ境遇の子がいてその人たちと分かち合えたことも大きかったです。

 

 

Q.十大で印象に残っていることは何ですか?

① 執筆合宿で人生で初めてオールしたことです。
オールはなかなかつらかったです…自分の班が執筆合宿当日に、事例を丸々書き換えすることになり、切羽詰まってたけど、そんなときに先輩たちが支えてくれて助けられました。
② 総括合宿です。
3か月のいろんな思い出が巡って達成感と同時に寂しさを感じました。総括合宿が終わって、本当に十大が終わったときには参加して良かったって思えました。
総括の出し物では、男性陣が女装して、みんなの普段見れない一面が見れて、面白かったです(笑)

 

 

 

 

 

 

Q.3か月を経て自分自身がどのように成長しましたか?

① やってみたいなって思ったことを行動に移せるようになりました。
夏休み中にインターンに行ってみよう!と思って、2か月ほどインターンに行きました。
② 新聞でもテレビでも国際ニュースを意識してみるようになったし、十大に入って学んだ知識に敏感に反応できるようになりました。
③ 自分の意見を持つことの大切さを知ることが出来ました。
④ 中国研究のゼミに所属しているため、十大で得た中国に関する知識のおかげでゼミの内容がスムーズに入ってくるようになりました(監視社会とか)

 

 

Q.十大のどこが好きですか?

① 十人十色の学生と一つの目標に真剣に向き合えるところ!
② メリハリがちゃんとあるところ!セク会中も活発に議論してる反面、アフターで思いっきり騒ぎ倒すところが清々しくてよかったです(笑)

 

 

来年の2年生参加者に向けてメッセージをお願いします!

十大では自分の大学にいるだけでは出会えないような先輩や友達に出会えました!いろいろな人から刺激をもらえます。
心配とかは二の次で、やりたいことがあったら参加しちゃえばどうにかなるし、参加しちゃえば嫌でも勉強しないとなので(笑)やってみたいなら、とりあえず参加してみましょう!
一人で参加しても友達はできます!絶対仲良くなれます!なので安心してください。

 

終始笑顔で答えてくれた田中さん。
本当にご協力ありがとうございました!

47期参加者インタビュー①

こんにちは!広報局です。

十大学合同セミナーの活動をより知っていただくため、47期の参加者にインタビューを行いました。本日よりそのインタビューを掲載していきますので、ぜひご覧ください!

 

第1回参加者インタビューは獨協大学2年、井上美咲さん(紛争セクション)です!

 

 

 

 

 

Q. 3年生が多い十大ですが、2年生ならではの不安などはありましたか?
3年生とのコミュニケーションが不安でした。最初は3年生と少し距離を感じてしまったけれど、自分が思ったことを言ったらしっかり受け入れてもらえたし、対等に議論もできました!

Q. 十大で印象に残っている事は?
セク会‥日々戦いのセク会。最初はおとなしかった人も涙を流すくらい熱い議論ができました。そのくらい真剣に議論ができるのは十大だからこそです。
執筆合宿‥論文を完成させ、提出するためにみんな徹夜で取り組み疲れていたけれど、3ヶ月間の集大成であり、達成感を味わえました。

 

 

 

Q. 十大の好きなところは?
一生懸命になれるところ!忙しかったけど、その忙しさも楽しかったです。

Q. 3ヶ月間やってみて、成長したところは?
思考力が身につきました。勉強するの習慣もついて、十大が終わったあとは、学内の英語プレゼン大会にも参加します。

<来年の参加者に向けてメッセージ>
迷っているなら参加したほうがいいです!2年生のときに十大に参加することで、視野が広がり、選択肢も増えます。

 

井上さん、ありがとうございました!