50期十大学合同セミナー
締め切りまであと1日。~代表より~

みなさんこんにちは!
運営委員長の小林 克です。

スライド9

2月も半分を過ぎ、46期十大学合同セミナーの活動開始が迫ってきました!
約半年に渡り、十大に関する情報と魅力をお届けしてきたブログ投稿も、今回が最終回となります。最終回となる今回は、十大の魅力が何であるか、我々運営委員はどのような3ヶ月間を目指しているのかについて、改めてお伝えしたいともいます!

十大とは何か?
活動内容を一言でまとめてしまいましょう。
「3ヶ月間、週に2回開催されるセクション会議を中心とする議論を通して、約20人のセクションで1つの共同論文を書き上げる」

ただこの一言では伝えきれない魅力が沢山ある。
我々はそのような考えのもと、本ブログを中心に情報発信を行ってきました。

ポイントは「共同学習(執筆)」です。
「46期運営ビジョン」と重複してしまいますが、十大の活動の場はこの「共同学習」を通して、大きく2つの意味を持つ場になります。

第1:学術的な刺激を生む場となること。様々な大学に所属し、様々な専攻の学生が、大学と学年の垣根を越えて時間をかけて議論し合うことで、今まで気づかなかった観点に出会うことができます。各種イベントでご協力いただく協力教授の方々との意見交換の機会も、そうした場作りに大きく貢献していただいています。

こばまさ1

第2:厳しい条件の中で組織経験を積むことができること。限られた時間の中で、20人というセクションメンバー全員で論文を書き上げることが求められます。論文を執筆する目標のもとで「何を・どのように・誰が」やっていかなければならないのか、セクション全員で意思決定していく必要があります。

私はこの団体に44期から3年連続で関わらせていただいています。運営委員として、3年目も関わりたいと思ったのは、この十大にしかない「共同学習」の場を残していきたいと考えたためです。

はじめは「学術的刺激」を求めて、十大に参加しました。熱意も態度もバラバラな大学での学問とは異なり、十大の議論を通した主体的な学習は私の求めていた「学問」そのものでした。

しかし、そこで終わりませんでした。
十大には代々語り継がれていることがあります。「セクション全員で書いた論文は自然といい論文になる。誰か一部だけが書いてしまった論文は評価されない。」その観点に立って44期の4位という成績を振り返った時、まだまだ自分として力が尽くせる部分があったのではないのかという悔しさが残りました。そしてその悔しさは私の足を45期へと向かわせました。

こばまさ2

▲44期。一人だけ結果を冷静に受け止めてしまった自分がいました

良い論文を書くことに必要なことは、決して学術的な知識だけではありません。
セクション会議をリードする役割も、決まった方針をみんなに浸透させる役割も必要とされるでしょう。時にはその方針が正しいのかどうか、考え直す役割も大切になる。「20人で1つの論文を書く」ためにはどれも欠かすことのできない存在です。

セクションの中でどの役割が必要で、自分は何ができるのか。それを一生懸命考えて、相談して、動いてみる。この正解のない挑戦は、他では経験できないものです。挑戦の先に「今まで知らなかった自分」との出会いがきっとあります。

こばまさ3

▲45期メッセージ。今まで意識してこなかった自分の一面を知ることができました

そして何より、この経験はたくさんの「学友」をもたらしてくれます。
「論文案で対立して、嫌いになりそうなぐらい激論を交わしたけど、今思えばいい思い出だよね。」
「あの時、お前2年生なのに遠慮なくズバズバ意見して、正直少し腹たったけど、でもその意見はものすごく論文に貢献したよね。」
3ヶ月を共に戦った「学友」とのつながりは、今後の人生の貴重な財産になるはずです。

こばまさ4

このような一言では表せない3ヶ月間を後輩のみなさんにも提供したい。
我々運営委員は、この想いのもと準備を重ねています。

参加を悩んでいる方、ぜひ飛び込んでみてください。
中身がいっぱい詰まりすぎた、3ヶ月間があなたを待っています。

IMG_0047

▲毎年恒例の集合写真

最後に
参加にあたって疑問点や不安点がありましたら、各種SNSで我々までご連絡ください。小さな疑問でも結構です。

みなさんのご参加をこころより、お待ち申しております。

46期十大学合同セミナー運営委員長
小林 克

十大の実態~赤裸々に語ります~

皆さん、こんにちは!
明治大学政治経済学部の土屋裕希です。

スライド7

これまで三回にわたってお送りしてきた「不安解消」ブログもいよいよ今回がラスト!!
皆さん、だいぶ十大に対する不安は解消されてきましたか??

実際、まだまだ不安だよ~って人もいると思います。
今回のブログでそんな皆さんの不安が解消できれば嬉しいです!!

それでは行きましょう
「十大の実態~リアルな十大を赤裸々に話します~」


さて、皆さんは十大に対してどのようなことに不安を抱いているでしょうか?
「どんな人たちが参加してくるんだろう?」
「お金は大丈夫かな?」
「どのくらい勉強することになるんだろう?」
恐らくこのようなことを不安に感じている人はたくさんいると思います。僕も去年のこの時期はこういったことにとても不安を抱いていました(笑)

ではこういったことは実際どうなのか、というのを一つ一つ僕が去年参加してわかったことを書いていきます!!


まず「どんな人たちが参加してくるのか」

本当に十大の参加者には色々な人がいます。何かに全力で打ち込みたい!という思いを持っている人、自分を変えたい!と思っている人、先輩や友達の勧めで参加している人、はたまた、ゼミで参加している人。

本当に十人十色です!

IMG_0047
しかし、この色々な人たちがいるという部分が十大の良さの1つだと僕は思います。
自分と違う価値観や思いを持つ人たちと接することで本当にたくさんの刺激を受けます。
「あの子があんなに頑張ってるんだから自分も頑張らなきゃ」であったり「そういった視点もあったのか」など自分の意識や考え方も大きく変わっていきます。

僕はこうした経験を通じて大きく成長できたと感じています。
誰しもが知らない環境に飛び込むのは怖いと思います。でも、勇気を出して飛び込んだ先には自分を高めてくれる多くの仲間が待っていますよ!!


次に「お金」ですね。

はい、皆さんにとってすごく大事な部分だと思います(笑)
結論から言うと、今までの生活と比べて、支出が増え、収入が減るという人がほとんどになると思います。残念ながら(笑)
まずなぜ支出が増えるのかというと、毎回の交通費とセクション会の後にファミレスなどで開催されるアフターが主な理由です。

アフターの参加は自由ですが、参加したほうがいいです。

間違いないです。僕からのアドバイスです!セクションの仲間と仲良くなればなるほど毎回の活動はどんどん楽しくなっていきます!!セクションの仲間と距離を縮めるのにアフターは最適なんです!!

※教授相談会や執筆合宿が迫ってくるとセク会の延長でアフターも議論をすることが多々ありました…

そして、収入が減るというのは週2でセク会があるので、バイトが入りにくくなるからです。ただ、これに関しては本人の頑張り次第だと思います。去年も十大に参加しながら週3週4でバイトに入っている人も沢山いました!


最後に十大期間中の「勉強量」についてお話ししたいと思います。
十大期間中は毎回のセクション会の後に課題が出ます。しかし、この課題、実は全部皆さん自身に決めてもらいます。読んでくる文献の量も、切ってくるレジュメの数も自分たち次第です。ただ、論文執筆が本格化してくる5、6月は正直きつくなってくると思います。毎日本を読み、夜に電話会議をし、レジュメを切る、そんな毎日になると思います。しかし、それは他の仲間も同じです。

土屋2

(悔しがるメンバーを励ますセクションの仲間たち)

中には、十大と部活とバイトを両立してる人もいます。

周りに頑張っている仲間がいるから自分も頑張れるんです!

そしてここでどれだけ頑張れるかによって、得るものは大きく変わってきます!
全員が全力で取り組んでるから、最後に皆で笑い、涙することができます。

土屋1

(論文賞獲得の瞬間)

 

いかがでしたか?4回に渡りお送りしてきた「不安解消」シリーズ!
皆さんの不安を少しでも取り除くことはできたでしょうか??

正直最初は誰もが不安だと思います。でも仲間の存在って本当にすごくて、勇気を出して参加してみれば最初不安だったこともすぐに払しょくされると思いますよ!
僕たちチューターも全力で皆さんのサポートをさせていただきます!!

それでは皆さんに会えることを楽しみにしております!!

最初はみんな初学者

こんにちは!こんばんは!はたまたおはようございます!
東洋英和女学院大学国際社会学科3年の永田玲子です。

スライド10

今回のブログは『初学者の不安解消』ということで、超がつくほどの初学者であった永田が担当します。 (前髪カットも初学者かな?と思わないで下さい。今はちゃんとしてます。)

結論から言います。大丈夫です。
いや何が大丈夫やねん!!と思ったそこのあなた、理由は3つあります。

1、 基礎勉強期間の存在
2、 十大においての論文執筆に関しては誰もが『初学者』
3、 初学者の視点は強い!

 

まず1つ目、十大の3ヶ月の間には基礎勉強期間というものが存在します。
基礎勉強期間というのは、私たちチューター先導のもと、グランドテーマやセクションテーマへの理解を深めるための期間です。
この期間には、基礎知識をじっくり身に付けることができ、また、自分の好きなテーマや、得意な分野を見つけることが出来ます。

※詳しくは4月ブログをご覧ください

 

そして2つ目は、論文を書くということに苦手意識がある方は多いと思います。
実際に私も、大学のレポート課題すら大嫌いなのに十大で出来るのかな…という不安はありました。
しかし、十大の論文執筆は、全く違います。20人で一つの論文を作り上げます。これは参加者のほとんどの人が初めての経験であるため、それまでの知識量で測ることは出来ません。
皆が一度同じスタートラインに立ち、執筆を進めていきます。その中で、基礎勉強期間に培った自分なりの力をどんどん発揮しましょう!

 

そして3つ目、ここ大事です。一番伝えたいことです。
初学者の視点は強みになります。
初学者の弱みは当然ですが、元々の知識量の少なさです。
しかしこの弱みは、「既成概念に捕われない柔軟な発想が出来る」という強みにもなります。
議論が停滞してしまったり、アイデアが浮かばない時、状況を打ち破るのは案外初学者だったりします。

れいこブログ

最後になりますが、初学者にとって十大の3ヶ月は、正直に言って大変です。普段の大学生活やアルバイト、サークル活動等と十大を両立させる忙しさに加え、初学者は当然勉強量も増えます。
ここまで散々大丈夫といっておいて何を言い出すのだと思うかも知れませんが、これは事実です。
しかし、「周りについていけないかも…」「初学者ということで恥ずかしい思いをしたくない…」などという理由で参加を諦めてしまうのは本当にもったいないことだと私は思います。
苦しい思いも、悔しい思いもするかもしれませんが、それを乗り越えた先に、きっと成長した自分に出会えます。参加して良かったと思える自分がいるはずです。

「初学者だから…」ではなく、「初学者だからこそ」十大に参加してみませんか?


続いて、明治大学政治経済学部の渡辺です。

私からは、実際に昨年テロリズムセクションの学術係として参加した経験をふまえ、論文執筆を引っ張っていった苦労など書いてみたいと思います。

スライド8
十大学合同セミナーでは、今まで大学の椅子に座り授業を受けてきたこととは違って1つの「論文」を書き上げていきます。それも1人ではなく20人という1つのセクション単位です。自分も講義よりもそういった形に残るものを目指していきたいという理由でこのセミナーに参加しました。

しかし、ある程度「国際政治学」について他の人より勉強しているという理由からついた学術係である大きな壁にぶつかりました。
それは、論文を書くこと自体、誰しもが初心者であるということです。
つまり、いかにセミナーに入る前から勉強してきた人でも、それまでに多くの大学の先生が書いていないものを書かないといけないわけです。これはどんなに知識があっても非常に難しいことです。ですから、十大学合同セミナーに参加するうえで「知識」より「やる気」が求められるわけです。
同時に、学術係として論文を「書く」のみならず1つの論文に「まとめていく」立場でもあったため、他の人が書いたもの文章が20人の文章になるように修正しなければなりません。これもそんな簡単なことではありません。論文全体に矛盾などが出れば、相手のみならず自分も修正をしなければなりません。しかし、これをどうやって修正し、相手に直してもらえばいいのか自分でもなかなか上手く伝えられませんでした。

S__21225482

十大学合同セミナーに参加することで得られるものは必ずしも「知識」だけではありません。①1つの論文を企画し、②内容を全員に説得、③実際に執筆し、④ズレがあれば修正するという論文に限らない一連の「完成物」をつくる流れを作っていくスキルを身に着けることもできます。

もちろん、思い通りにいかないことが普通なので、①から④を循環して繰り返していくことになります。しかし、これを身につけて得られるものは必ずしも勉強面のみのものではなく、サークルやイベントの企画など新しいことにチャレンジするうえで必要な「知恵」こそが十大学合同セミナーで得られる一番のものではないのでしょうか。

S__21225481
十大学合同セミナーは学習と交流を理念としています。学習も交流も単体だけ考えれば別の環境でも得ることはできますが、前述の「知恵」といったどちらの要素も必要とするスキルはここでなければゲットできません。せっかくの三か月間ですので、みなさんにも十大学合同セミナーで進化をしてみてください!

半年後には想像もできないような新しい自分が待っています。

2年生参加だから得られること

皆さんこんにちは。

今回のブログ担当は東京女子大学の手島あずさと、早稲田大学の羽田野佳織です。

今回は、2年生として十大に参加した私たちの経験を紹介します!

スライド11

最初は、東京女子大学の手島あずさです。

早いものでもう2月ですね。十大参加ESの締め切りも2週間を切りました!

(※2月18日の説明会で今期は最後です!まだのひとは今すぐ申し込みを…!)

いま、十大に参加しようか迷っている現1年生に向けて私たちの経験を紹介したいと思います。

私は、一昨年の44期の開発セクションに2年生として参加しました。

一番初めのセクション顔合わせの時、知り合いがいないばかりか周りはほとんど3年生…(たまたまそうでした、昨年の45期はセクションの半数くらいが2年生でしたよ)。これから3か月間十大を続けていけるのだろうかと不安になったことを覚えています。

大学1年生の期間、夢中になることもなく真面目に勉強してこなかった私にとって正直、毎回のセクション会議についていくのは、めちゃくちゃ大変でした!

また、2年生では必修の授業があり、毎週1回は1時間遅れでセクション会議に行っていました。
会議についていくのがやっとだし、遅刻する日もあるし、ではどうやって十大を乗り切ったのか。それはセクションのみんな、そしてチューターさんが親身になって教えてくれたからです。

 

あずさブログ   (4月の基礎勉強期間、チューターさんが主導して教えてくれます)

もちろん、自分で主体的に学んでいく姿勢が一番大切です!!でも勉強面でついていけるか心配している現1年生、大丈夫です。1人ではなく皆で学んでいくからです。
2年次に参加したことで得られたことはたくさんあります。

レジュメはどう切るのかというところから、どの文献をよむべきなのか、そして論文とは何か。チューターさんやセクのメンバーが教えてくれました。
”自分は何ができるのか、何が足りないのか”

2年生で知ることができるのはこれからの大学生活にとって大きな糧になります。
この十大に参加した経験で、私は2年生後期から大学の授業やゼミに対する姿勢を変えることが出来ました。

 

あずさブログ2

(総括合宿での1枚。3か月間で仲の良いセクションになりました。)

現1年生の皆さん、思い切って参加してみませんか?

私たちチューターが、皆さんの挑戦を応援します!


 

続いて、早稲田大学社会科学部の羽田野です!

スライド16

はい、もう一人の今期チューターの古株(笑)の羽田野です。
今期が46期で、十大で論文を評価してくださったり論文案にアドバイスをくださったりする先生方の中には19期や20期で参加していらっしゃった先生もいらっしゃるのでまだまだひよっこですが、十大に関わって3年目になります。私からも、過去44期45期と参加した経験を踏まえて少し筆をとらせていただきます。


みなさん、ナショナリズムって言葉、知っていますか?
私が、44期に2年生で参加したセクションは“ナショナリズム”セクションでした。
今となっては笑い話ですが、当時は自分の所属セクションの名前の意味もよく理解せずに参加を希望していて、チューターの人に初めてした質問が「なしょなりずむってなんですか?」でした。

私は、英語・国語・数学で大学受験していて、センターも物理・化学・地理で受験。
国際政治はおろか、日本史・世界史でさえ中学生の知識に毛が生えたくらいでした。
第一希望だったナショナリズムセクションに入れてもらったものの、大体のカタカナが理解できないのでナショナリズム?レジーム?ガバナンス?ヘゲモニー?…バランスオブパワー??( ;∀;) というような知らない言葉は日々増殖し、

ろくにパソコンに触れたこともないのにレジュメは手書きでなくwordで提出、毎日、大量の本を図書館で読み漁り、持ち歩き、腕はムキムキになりました…(※個人差あります笑)

かおりブログ1

当たり前だけど、ただの大学2年生。授業だってゼミだってアルバイトだってサークルも習い事もあってやらなきゃいけないこともやりたいこともたくさんあります。

それでも、週2回のセク会はやってきて、自分の切ったレジュメは責任もって発表するのですが初めは、自分の発表に質問されても、そんなん私だってよくわかんないよ!!!!という世界でした(笑)
なので、2万5000字の論文こんなんで本当にできあがるのかなーなんてぼんやり考えていました。

かおりぶろぐ2

6月の執筆合宿で論文が書きあがって、7月の総括合宿では全体で論文発表もして、そのあと5セクションの順位の結果が出て、十大が終了します。
私たちナショナリズムセクションの順位は4位で下から2番目でした。
順位が出たとき、私はとっさにセクション代表の顔を見てしまいました。

 

この3カ月、論文と一番向き合って、私たちの質問に答えて常に前を走ってくれて、レジュメの切り方から参考文献の探し方、一から教えてくれたセクション代表に私は、どれくらい報いることができたのだろう…

 

私はその時に、この3ヵ月を無駄にしてはならないと心に誓いました。
正直、論文執筆合宿が終了した時に私が感じたのは、やりきった達成感よりも解放感でした。
論文が完成した感動よりも、論文案や参考文献、執筆から解放された安堵の方が勝っていました。
しかし、発表後のセクション代表の涙をみて、この3ヵ月で得たものを私は引き継がねばならない、と思いました。

 

その覚悟で挑んだのが45期の貧困格差セクション
メンバーもテーマもセクションも変われば、立場も役割も変わります。
結果は1位の論文賞を受賞できたけれど、先輩から受け継いだものを後輩にどれくらい還元できたのかはわかりません(笑)

S_7266894905628

(貧困格差セクションの座談会はこちらから)

このブログが配信される今は2月。つまり3か月前は、11月上旬。
そう考えると3ヵ月の感じ方、長いか短いかは人それぞれだと思います。
3か月前の自分と今の自分。今の自分と3か月後の自分。どんな自分になっていたいですか?

4月にみなさんとお会いできることを楽しみにしています。


46期チューターには2年生参加を経験した人が5人います!

もし、わからない点や気になる点がございましたら気軽にLINE@やSNSでの質問してくださいね!
この投稿をご覧いただいて、興味の湧いた方、
各種SNSにてより詳細な情報を提供しております。

十大学合同セミナー

Twitterはこちら

Facebookはこちら

公式LINE@ID → @yfp9907a