50期十大学合同セミナー
連載企画第二弾!  「セクション紹介」編 ~紛争~


初めまして!東京女子大学現代教養学部の樋田朱莉です。
本日は「紛争セクション」の魅力について紹介していきたいと思います!

このセクションでは、「武力紛争」を扱っていくわけですが…
みなさんは、現代の紛争と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?
過去には日本も戦争を経験していますが、第二次世界大戦以降、日本が直接的に関わる戦争は起こっていません。そして近年問題となっているのは、日中戦争や世界大戦のような伝統的な国家間戦争ではなく、民族対立・宗教対立・政権争いなどに見られるような国内紛争です。

特に冷戦終結以降は、アジア・アフリカを中心に国内紛争が頻発しています。
UCDP(ウプサラ紛争データプロジェクト)によると、近年も武力紛争の発生件数は増加傾向にあります。また2017年には90358人もの人々が紛争で命を落としており、その多くが一般市民であると考えらえます。戦闘とは無関係な民間人が犠牲となっているのです。最近の紛争だと、シリア内戦南スーダン内戦などが記憶に新しいでしょう。とはいっても、これらの紛争はアフリカ・中東地域を中心に起こっていることもあり、遠く離れた地で起こっているというイメージが強く、当事者意識を持ちがたい問題かもしれません。しかし、グローバリゼーションが進展し世界大の相互依存がますます深まっていく中で起こる現代の紛争は、私たちと決して無関係な問題ではないのです。では、どのように関係があるのでしょうか?

例えば、私たちが普段使っているパソコンやスマートフォン、テレビをはじめとする電子機器の生産には、鉱物資源の使用が欠かせません。
原料となっている鉱物資源の多くは、資源が豊富なアフリカ地域などから輸入されています。紛争地域においては、軍部や反政府勢力が鉱物資源の不正取引や密輸などを通して得た収益を武器の調達などに利用することで、紛争が長期化する傾向にありますグローバル化した市場においてこのような取引を取り締まることは非常に難しいうえ、消費地での鉱物資源の需要が高いため、なかなか解決しないというのが現状です。


また、難民の流入やテロリズムの発生など、紛争が他国に影響を及ぼしやすいという点も、グローバル化時代の紛争の特徴と言えます。紛争により自国で安全に暮らすことが困難になり、国外への非難を余儀なくされた人々は、難民として他国への庇護を求めます。グローバリゼーションにより人の移動が容易になったことで、難民の移動も活発化しました。

さらに、テロ組織が紛争国を温床に勢力を拡大させうるという点があげられます。
例えば、イスラム国(IS)はシリア内戦の混乱に乗じてシリアへ渡り、勢力を拡大させました。結果として彼らの存在はシリア国内のみならず国外においても人々の脅威となっています。このようにグローバル化時代においては、紛争の結果生み出された難民や紛争下で拡大したテロリズムが容易に国境を越えて、他国へ影響をもたらしやすくなっていると言えます。

以上のように、近年の紛争はグローバリゼーションとの密接な連関の中で発生しているといえます。その意味で私たちと決して無関係ではなく、考えていかなければならない問題といえるでしょう。

今期のグランドテーマ
「グローバリゼーションからの挑戦-主権国家の役割とは何か-」

このテーマの下、紛争セクションでは、現代の紛争の発生メカニズムを紐解き、紛争国・周辺国・第三国など視点を分け、安全保障論・平和解決学・平和構築論など様々なアプローチから主家国家の役割について考えていきます。

☆最後に、紛争セクションのチューターを紹介します!!

・頼れる姉御肌、われらがセクリーダー!
津田塾大学 沼田麻緒
・困ったことは彼に聞こう!紛争セクの雑学王
早稲田大学 木村慎
・優しい笑顔が素敵なお姉さん
東京女子大学 亘理怜
・全力で皆さんをサポートします!
東京女子大学 樋田朱莉

連載最終回!!7月って何するの?

みなさんこんにちは!本日で三回目の登場となりました。黒田です。

今回のブログで連載企画「十大の活動」編、最終回です!では7月の活動内容を紹介していきたいと思います。

7月はなんと言っても、十大の最大のイベントである「総括合宿」です。


執筆合宿が終わったからといって、羽を伸ばしすぎるのは危険ですよ!執筆合宿から総括合宿までの2週間、やることはたくさんあります。

1つめは「プレゼン練習」。総括合宿では自分たちが書き上げた論文を、協力教授や他セクションに向けてプレゼン形式で発表します。


そのため発表者決めや、パワポや原稿を作成していくのですが、これが意外に時間がかかります。私が所属していたテロリズムセクションは準備が遅れ、満足のいくプレゼンを行うことができませんでした。特に私は発表の際、緊張で頭が真っ白になってしまい原稿通りに進めることができず、悔しい思いをしました。私のようにならないよう、みなさんは早め早めに準備を進めていただきたいです。
中央が私です。緊張で顔がこわばっています↓↓

また、発表された論文内容に対してわからないことや疑問点がありましたら、積極的に質問しましょう!

各セクションの発表が終わり次第、結果発表となります。46期の優勝セクションは平和構築セクションでした!おめでとうございます。

2つ目のやるべきことは、「出し物の準備」です。論文発表の後の出し物は毎回とても盛り上がります!みなさん全力で楽しみましょう!!

総括合宿が終わり次第、十大学合同セミナーの活動が終了となります。
最後に私が十大で感じたことを伝えたいと思います。私は十大での活動を通じて、とても有意義な百日間を過ごせました。初対面の人達とのグループワークやディスカッション、毎回出される課題、行き詰るセクション会議、終わらない電話会議などなど、、、大変なことや辛いことはたくさんありましたがそれらを経験することによって、得られるものがたくさんありました。

もし、今までの大学生活に少しでも物足りなさを感じている方は、ぜひ十大の参加を検討していただきたいです。我々運営委員とともに新たなスタートを切ってみませんか?

応募フォームはこちらから

過去論文はこちらから

連載企画「十大の活動」編は以上となります。
次回の連載企画は各セクション紹介となります。興味のあるセクションはぜひ目を通していただきたいです!

連載第三回! 6月って何するの?

みなさん!こんにちはー!

今回のブログを担当するのは、明治大学3年の佐藤 菜月です!!

(一番左)

私は、46期ではテロリズムセクションに所属していました。

47期チューターでは実務局・移民セクションでみなさんをサポートしていきます!

では、46期での出来事を踏まえて「6月の活動」について紹介したいと思いまーす!!

たくさん写真があるので、ぜひ読んでください〜^^

 

6月の活動は、、、「執筆合宿

5月は、第一回教授相談会を踏まえて自分たちの論文の形を大まかに作ったり、

運動会でセク員と仲を深めたり、、、

楽しい!和気あいあい!っていう雰囲気でした。

 

が!!しかし!6月に入るとそんな雰囲気もガラッと変わり、だんだんと余裕がなくなってきます。

まず上旬にある第二回教授相談会に向けて取り組みます。

第一回教授相談会で教授の方々の意見を踏まえて、自分たちの論文案を見直します。

どこを修正して、どこを変えるのか。

 

教授の方々の意見は非常に貴重で、私たちが気づかない点をたくさん指摘してくださいます。

しかし、その意見に100バーセント流されてしまってはだめです。

大事なのは「自分たちが書きたい論文を書くこと」

 

「このテーマについて書きたいんだ!」

という気持ちを持つことが大事です。だって論文を書くのは私たちです。

どんなにそのテーマが厳しくても、自分たちのこだわりをしっかりと伝えれば必ず教授の方々は応えてくれます。

 

そして向かえる第二回教授相談会。

論文案もほぼほぼ固まった状態でよし!と意気込むものの、、、

強力な教授の方々に撃沈されるセクションも少なくありません。

執筆合宿に向けて焦りと不安にかられながらも無我夢中で取り組みます。

 

                                                                                               

そして始まった一泊二日の執筆合宿!!


46期は国立オリンピックセンターで行いました。


見てくださいこの真剣な姿勢!!!

4月の頃とは大違い。

 

論文執筆だけではなく、誤字脱字がないか、参考文献の書き方は正しいか

細かいところまでチェックしていきます。

 

そして、論文提出の時間が近づき、、、

 

論文提出!!!!!!!


論文提出の瞬間は、今でも忘れられません。


見てください、この笑顔!!!!!

みんないい表情してる〜

3ヶ月間、仲間と共に全力で頑張ったからこそ生まれる表情ですね!!!

 

 

 

 

 

ということで!以上6月の活動紹介でした。

 

少しでも興味を持った方は説明会にぜひきてください!

公式ツイッターやラインなども随時更新されていますので、そちらもチェックしてください!

 

では!次は7月の活動紹介でーす!

バイバーイ

連載第二回!! 5月って何してるの?

皆さんこんにちは!!
今回のブログも私、黒田が担当することになりました!次回のブログ担当も黒田でしょうか?こうご期待!

さて、前回に引き続き5月の具体的な活動を紹介していきたいと思います。
五月になるとセクションリーダーなどの役職が決まり、皆さんが主体となってセク会を運営することになります。セクションごとに多少変わってきますが活動内容は主に、「文献を読む、レジュメ作成、ディスカッション」の繰り返しになるかと思います。

最初のころはうまく発言できなかったり、文字ばかりの見にくいレジュメになってしまったり・・・いろいろと苦労することがあるかと思いますが頑張りましょう!笑 十大に参加して苦労しない人はいません!
困ったときは我々チューターがサポートするので安心してください。

セク会以外にも5月はイベントがたくさんあります。
一つ目は「教授相談会」です。各セクションの論文案に対して教授からフィードバックをいただきます。褒められることもあれば、厳しい意見をいただくこともあります。
より良い論文を作るための貴重な機会なので皆さんうまく活用しましょう!

もう一つのイベントは「運動会」です。


勉強勉強で皆さん、この頃にはストレスがたまっていることかと思いますので、運動して思いきり発散しましょう!

以上が五月の流れになります。
次回のブログは六月編です!お楽しみに!

連載第一回!! 4月って何するの?

新年あけましておめでとうございます!

昨年はグランドテーマ、セクションテーマの決定や各大学への授業宣伝など、47期十大学合同セミナーの準備にあたって多くの方々にお世話になりました。運営委員一同感謝しております。まだまだ至らない点も多くあると思いますが、今年もよろしくお願いいたします。

47期十大学合同セミナーへの参加を考えている方々により詳しく当団体を知っていただくために、本日より活動内容を月別に紹介していきます!
第一回は4月編!
はじめまして、今回のブログは獨協大学三年、移民セクション所属の黒田が担当します

四月は一言で表すと「基礎勉強期間」です!!
運営委員が主導となって皆さんに各セクションテーマ、国際関係論の基礎知識、論文の書き方を講義形式で指導していきます。
なので今まで国際関係論や、自分が所属するセクションテーマについて学んだことがない人も安心してください!

私が46期に初学者として参加した際には、パワポやレジュメを使ってチューターさんが優しく丁寧に指導してくださり、楽しく学ぶことができました。

楽しかった反面、課題が毎回出されたので学校の授業、アルバイトとの両立がとても大変でした。しかし同じセクションには、部活をやりながら参加している人や、片道二時間かけて来ている人がいて「忙しいのは自分だけじゃない!」と頑張ることができました。

また、四月末にはBBQが開催され、同じセクションの人とはもちろん、他セクションの人とも仲良くなれるかと思います。

このように学習面だけでなく、交流面のイベントも充実しているのが十大の魅力の一つですね!笑

以上が四月の大まかな流れとなっております。
基礎勉強期間でしっかりと土台を固めて、より良い論文が書けるよう皆さん頑張りましょう!

47期十大学合同セミナー 始動

みなさんこんにちは、47期十大学合同セミナー運営委員です。

[委員長・各局長紹介]

運営委員長 土屋敦規
実務局長  杉浦薫
広報局長  亘理玲
学術局長  川口遼
渉外局長  高橋里沙

上記のメンバーを中心に計20人で活動しています。

先日、多くの教授の方々のご指導によりグランドテーマが

に決定いたしました。
また、授業宣伝等も始まりいよいよ47期十大学合同セミナーが本格的に始動します!

今後、ブログでは十大学合同セミナー(通称・十大)をより詳細に知っていただくために、活動内容や運営委員の経験談等の紹介を行っていきます。

 

運営委員一同、

参加者の皆さん、参加を考えている皆さんのサポートを全力でさせていただきます!

 

 

47期 広報局 黒田健仁

 

感動のフィナーレ「総括合宿」

皆さんこんにちは!学術局長を務めています、油井健将(ゆいたけまさ)です!


総括合宿を終え、ついに46期十大学合同セミナーの活動も幕を下ろしました。

そんな中、参加者の皆さんは今どのような想いを抱いているでしょうか?

終わってしまったという虚無感でしょうか。はたまたようやく終わったという解放感でしょうか。人それぞれ異なる想いを抱いているかと思います。
果たして、この十大は参加者の皆さんにとってどのようなものであったか。ここからはブログを読みつつ、自ら振り返ってみてください。そして、それが次の一歩へつながれば幸いです!


総括プレゼン・各賞・出し物

総括合宿の一大イベントと言えば、やはり『総括プレゼンテーション』でしたね。

このイベントは「三カ月かけて描いた論文の概要と魅力を、全参加者並びに、協力教授の先生方の前でアピールする機会」となります。大学生活を通して、約150名の人を前にしてプレゼンすることはなかなかないです。皆さんの多くが、発表時はかなり緊張したのではないでしょうか。そしてまた、このイベントが実質参加者の46期十大学合同セミナーにおいて行う最後のイベントになります!

皆さんかなり気合入っていましたね!
自分たちの論文の魅力をうまく伝えたい…!わかりやすくインパクトのあるパワーポイントを作りたい…!
各々が役割を見つけ、必死に前日から夜を徹して準備を進めていました。
その成果もあって、どのセクションのプレゼンもかなりレベルの高いものでした!


こうして、無事総括プレゼンテーションも終了し安堵したところ、その晩は皆さんお待ちかね各賞の発表タイムです!ここで改めて十大における賞の説明をしたいと思います!十大には大きく分けて三つの賞が存在します!

①プレゼン賞…上記のプレゼン発表と、先日かいさいしたインセク発表での評価を合算して順位を決める賞。協賛いただいているAFPWAAより副賞としてAmazonギフト券がセクションメンバー全員に贈られました。

②団結賞…運動会などをはじめとする、各種イベントへの出席率を評価した賞。

③論文賞…教授のご講評をもとに「最も優秀な論文に与えられる」賞。

以上三つが設定されています!

これらの賞を獲得するために三カ月間、活動してきたといっても過言ではありません。

さて、46期十大学合同セミナーではどこのセクションがそれぞれを勝ち取ったのでしょうか。一気に見てみましょう!

プレゼン賞:平和構築セクション

団結賞:貿易セクション

論文賞:平和構築セクション

何と、平和構築セクションは二冠!そして、貿易セクションも運動会で優勝したことが大きな勝因となった模様です!両セクション本当におめでとうございます!


その後は各セクション用意していた出し物を披露しました!


そして迎えた、

総括合宿最終日

この日はラストセク会と閉会式が行われました!
ラストセク会ではチューターによるアルバムの贈呈式。

閉会式では委員長からの挨拶。

そして46期運営委員・広報局によって作成されたこれまでの三カ月間を振り返る映像を見ました。

今までの苦労や努力を振り返り、涙する参加者もいました。
こうして、総括合宿は幕を閉じました。


以上!今期の総括合宿を振り返ってきました!

週二回に及ぶセク会。進まない話し合い。なかなかついていけない議論。寝られない日々。
人によって大変だった内容は異なると思いますが、少なくとも皆さん共通して身体的にも精神的にもかなりハードな日々を過ごしていたと思います。

それらの日々を終えて、改めて皆さんは今何を思うでしょうか。
意味ある三ヶ月でしたか。これからの人生に活きるような経験が出来ましたか?

これらの問いに対する答えはもちろん私にはわかりません。

この期間が、どれだけの価値を持つかを決めるのは皆さんです。
そしてそのためには振り返りを行い、自分にとって、この三ヶ月がどのような価値を持つかをじっくり考えてみてください。

参加者の皆さんには、この三ヶ月の経験を糧に、未来を創っていってほしいと思います!
本当に、お疲れさまでした!三カ月間、ありがとう!

最大の山場!執筆合宿

はじまってしまった。

そして一瞬で過ぎ去ってしまった。

~執筆合宿~

6月22日金曜日夕方から1泊2日、国立オリンピック記念青少年総合センターにて、教授に提出する論文を執筆するための合宿を行いました。それぞれのセクションはこの合宿にて、4月からの3ヶ月の議論を論文という形にします。

執筆合宿は十大という学術団体の活動のなかでも最も大きなイベント

そして最も体力を消耗するイベントです。

セク会開始の18時45分以降はどのセクションも真剣そのもの。見ているチューターまで息が詰まってしまうような緊張感もありながら執筆していました。

さらに使用していた教室が閉められた後も各々の就寝部屋で作業する様子が見られました。なかには徹夜で作業した人も…


そして迎えた、6月23日土曜日16時。

すべてのセクションが時間内に論文を提出することができました!!!!!!

(写真は各セクションのセクション代表が委員長にUSBを提出する場面です)

ほんっとうにお疲れ様でした!

あとは我々チューターが責任を持って、協力教授の皆様にお届けいたします。

採点の結果は総括合宿までお楽しみに!!

さて、つかの間の休憩も終わり1週間後には”インセク発表”が実施されます。

他のセクションの発表にみなさんで点数をつけあって順位を決めます。改めて自分のセクションの論文を読み返し、中身を確認して素敵な発表ができるように準備をしましょう。

なにはともあれ、執筆合宿、お疲れさまでした!

 

少しずつ「自分に変化」を起こすことはできているでしょうか?イベントも残り少なくなってきていますが、最後まで「自分に変化」を起こせるように頑張っていきましょう!!