奥迫元先生 インタビュー


Q1.十大に対するイメージ

その後の人生の「原点」にできる場だと思っています。

私にとって十大は、まさに研究・教育活動の礎であるといえます。

 

Q2.十大での思い出はありますか?

プログラミングのための「富士荘」での合宿、毎週のチーフ会、セクション会後の壮絶な飲み会、論文執筆の際の紛糾、etc…

今となれば全てかけがえのない思い出です。

 

Q3.参加者に論文執筆の際に気を付けてほしいこと

「縮こまらず、のびのびと、大胆に」を心がけて下さい。

また、セクション会での学習・討論の段階で、メンバー全員が、自分の意見やアイディアを、言葉にして伝える機会をできるだけ多くもつよう努めて下さい。

 

Q.十大生へのメッセージ

何かあれば、いつでも遠慮なく気軽に一声かけて下さいね。

健闘を祈ってます!


≫奥迫先生のプロフィールはこちら