板橋拓己先生


【ご経歴】
北海道大学 法学部 卒業
北海道大学 大学院法学研究科修士課程 法学政治学専攻
北海道大学 大学院法学研究科博士後期課程 法学政治学専攻

・職歴
2005年4月 – 2007年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2007年6月 – 2008年2月
北海道大学大学院公共政策学連携研究部 学術研究員
2008年4月 – 2010年3月
北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター 助教
2010年4月 – 2013年3月
成蹊大学法学部 政治学科 助教
2013年4月 – 2016年3月
成蹊大学法学部 政治学科 准教授
2016年4月 – 現在
成蹊大学法学部 政治学科 教授
2016年9月 – 2018年9月
ケルン大学 歴史学科 歴史教授学・ヨーロッパ統合史講座 客員研究員

【主要著書】
・『黒いヨーロッパ――ドイツにおけるキリスト教保守派の「西洋(アーベントラント)」主義、1925~1965年』(2016)吉田書店.
・『アデナウアー――現代ドイツを創った政治家』(2014)中央公論新社.
・『中欧の模索―ドイツ・ナショナリズムの一系譜』(2010)創文社.